『ナポリを見てから死ね』

昨日とはうって変わって、予想通りの快晴。ちっ昨日と今日のプラン逆にすればよかったかな、と思いつつ、過ぎたことはしょうがない。どちらにしろ、いずれかは雨だったのだし、今日の快晴のナポリを楽しみましょう!

ナポリは、私の大好きなイスタンブールにも通じるものがあります。港町なせいもあるし、歴史的にも支配者が次々に変わっても自分は自分であり続けつつ器用に相手に合わせていく感じ・・娼婦にも喩えられるようだけど。油断がならないような、うさんくさいところとか、調子がよいと言われがちなところとか。人情味厚く、クールじゃない感じとか。北イタリアほど洗練されてなくて、とてもじゃないけど綺麗な街とは言い難い(マジ、ごみ多過ぎ)のだけど、エネルギーがあります。

a0052496_2351771.jpgスタートはスパッカナポリ(“ナポリを真っ二つ”という意味)のナポリ下町の旧市街のトリブナーリ通りを歩いていく。今も庶民の町。
まずはナポリ名物の洗濯物。これを見ないとナポリに来た感じがしないわ。


a0052496_23404671.jpgお魚屋さんもちゃんとお魚屋さんなんです。パック入りではない!
こんなお魚屋さん、少なくなりましたよねぇ、東京じゃ。


a0052496_2341677.jpg路地の八百屋さん。


a0052496_23412261.jpg車だって屋台代わりに使っちゃうお花屋さん。


a0052496_23413513.jpgナポリのドゥオモ。さすがにとても立派です。
このスパッカナポリ地区はかつての中心地だけあって、無数の教会がありました。


a0052496_23415446.jpg内部も3廊式で荘厳な感じです。


a0052496_234223100.jpgジェズ・ヌォーバ広場。
この広場の名にもなっている写真左手の石造りのファサードの教会は見かけに反して、中に入ってみると豪華な内装で立派です。
写真右手のサンタ・キアーラ教会のマヨルカ焼きのキオストロがとても綺麗です。前回行ったので今回はパスですが。実家に帰ったときにでも写真を見つけたらぜひご紹介したいと思います。


a0052496_2343028.jpgやっと海側に近づいて来ました。
13世紀に建てられたヌォーボ城。アンジュー家の居城。


a0052496_2343187.jpgウンベルト1世のギャレリア。ミラノのヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のギャレリアの小ぶりな感じ。入ってるお店も特に注意を引くようなものはなかったような・・


a0052496_23513097.jpg王宮の前のプレビシート広場。


a0052496_23441170.jpg王宮。17世紀に着工されて、18世紀にブルボン家の王宮として造られたもの。
ベルサイユ宮殿もフランスの本家ブルボン家ですが、こちらのナポリ・ブルボン家もカゼルタの王宮といい、やりますねぇ。宮廷文化が花開いたことでしょう。


a0052496_23443392.jpg王宮全景を、サンタルチア方面に下る坂から。かなり大きいです。


a0052496_2345149.jpgここが、ナポリを見てから死ね!と言わしめるサンタルチアの海岸通り。
海上に見える島は、青の洞窟で有名なカプリ島です。
今日のような日は、さぞや綺麗だったでしょうね。


a0052496_23452178.jpgナポリ湾と雄大なヴェスーヴィオ火山。
絶景ですね・・前回は夕方だったので、それはそれで綺麗だったけど、青空の下も最高です。


a0052496_23454419.jpgお次はサンタルチアの通りとヴェスーヴィオ火山と卵城。


a0052496_2346678.jpgナポリの海岸沿いのアッパータウン。このあたりにルイ・ヴィトン、グッチなどのブランド・ストリートがあります。


a0052496_23463049.jpg遅めのランチ。本場ナポリのマルゲリータ・ピッツァを食べながら、ナストロ・アズーロをくいっと。うまっ!!これで5ユーロ。
これは駅前のガリバルディ広場からウンベルト1世通りを200mほど言って右に曲がってわりとすぐのところにあるMicheleというお店。地元の人で大混雑。


a0052496_23465565.jpgナポリで忘れてはならないお菓子がスフォリアテッラ。さっくさくの貝型生地の中に、リコッタチーズとドライフルーツがたっぷり。相変わらず美味しい~東京にもあればいいのに。
エスプレッソと共に至福の時間。


1箇所の滞在がいつも短いから(計画を立てる上では最低限の時間しか取らず、かつそれ程見るものもないか、と読みが甘すぎるゆえ)、いつも課題が残ってしまう。が、次のお楽しみに取っておくのも悪くない。生きていれば、またきっと来れると思うから。
前回来た時より、ナポリがずっとずっと好きになりました。

さて、最終目的地フィレンツェに向かいましょうか。
速いです、イタリアの誇るユーロスター。ナポリからフィレンツェを3時間半で結んでいます。

あーあ、今日も歩き疲れちゃった。ぐっすり眠れそう・・
[PR]
by kara_melek | 2007-02-16 23:55 | 海外旅行
<< ナポリ(イタリア)の両替につい... またまた雨のアマルフィ >>