念願のロードス島へ

フェティエのマリーナまでホテルから遠かったので、送迎付きは嬉しい。
ただしボドルムもそうだったけど、かなり適当なPick up timeで、15―20分は平気で遅れる。10人乗りのバンがちょうどいっぱいになるくらいに各ホテルで順々に乗せてくるからでしょう。今朝もまだ来ないみたいだから朝ごはんサクっと食べちゃお、さらに、まだ来ないから歯磨いちゃお、位、時間にして20分遅れてくれたので、思いのほかゆったりとした朝になりました。
いよいよ今回の旅のメイン目的、中世の街並みがそのまま残る世界遺産のロードス島だぁああ。楽しみ。

a0052496_2357757.jpgハイドロホイールです。その名もフライング・ポセイドン。9月中はフェティエーロードス間も週5便あります。料金は同日往復で62ユーロ。
普通のフェリーよりスピードが速いので若干お高めな値段ではありますが、長い距離のときなどは便利便利。いつかエーゲ海の島々を旅しているときに1度使って以来だわ。ただ難点はいちばん後ろの狭いデッキ以外では潮風にあたれないこと。
ま、風邪気味でもあることだし、のんびりしてよっと。


a0052496_23574494.jpg1時間半程でロードス島に到着します。
見えてきた、見えてきた、ロードス・シティの旧市街。


a0052496_2358326.jpgハーバーから旧市街に向かう途中に、イルカちゃんのオブジェ発見。可愛いから撮っちゃいました。


a0052496_23582087.jpgポート門から旧市街へ。
ブーゲンビリアが元気いっぱいに咲いていて綺麗。


a0052496_23584682.jpg広場にある、タツノオトシゴの噴水。


a0052496_2359562.jpg旧市街の中はこんな感じでお土産屋さんやカフェがひしめいています。


a0052496_23592618.jpgとりあえずは旧市街をスルーしてエレフテリアス門から出ると、トルコ式市場があります。
ちらっと見てみたけど、なんだかやたらバッタ物売ってましたね・・ここのみならず旧市街もだったけど。中国製だろうな(←決め付けてる)、きっと。


a0052496_00865.jpgロドスのシンボル、2頭の鹿の像です。守護神らしく、港の外側を向いてお出迎えしてます。ちゃんと雄雌なのがいいねぇ。
かつての海港都市の威光が偲ばれます。
その後ろに見えるのが、セント・ニコラス要塞。
ぼーっとベンチに座って、景色を楽しむのには素晴らしい場所。クルーザーやヨット、海、旧市街方面も見渡せるし。


a0052496_003021.jpgそのまま新市街の方へ歩いていって、とりあえずランチをすることに・・・
ザジキ(きゅうり、ヨーグルト、ニンニクに塩味)という前菜に、サラダ。
このザジキ、やばいです、めちゃ美味しい。トルコに似たようなメゼあるけど、ニンニクが入ってるこっちの方が好み。


a0052496_004746.jpgギリシャという土地に足を踏み入れたら必ず食すもの、ムサカ。
ラザニャのパスタの部分がナスに変わったようなものですが、これなしにギリシャ料理は語れない。


a0052496_011130.jpgデザートはバニラとチョコのジェラート。
日差しの強さと風邪気味のせいで、若干ヘロヘロでしたが、エネルギー・チャージ完了。


a0052496_013690.jpg元気になったところで観光スタートです。
旧市街に戻り、グランドマスターの宮殿を目指して、イポドン通り(=騎士団通り)を上っていく。
かつてはアラゴン、カスティリア、イタリアなどの各騎士館が並んでいた通り。
この道は景観を守るためと思われますがお店の類が全くないので、いきなり中世の騎士が馬に乗って現れても別に驚かないな、きっと。


a0052496_02524.jpg横道もこんな感じで雰囲気ありありです。


a0052496_022993.jpgグランド・マスターの宮殿。じゃじゃーん、質実剛健を絵に描いたような宮殿。
第1次大戦後は、一時的にロードス島がイタリア領になったこともあるようで、ここはムッソリーニの別荘として使われたこともあるようです。


a0052496_024769.jpgこの変形十字がが聖ヨハネ騎士団の紋章です。
宮殿内は特にここに元々あったもの(家具・調度品など)のみでなく、古代のアンフォラや、モザイクが展示されていたり。


a0052496_03491.jpgそれからハーバーに戻りがてら、さらに旧市街をぐるり。
スレイマン・モスクです。1522年にオスマン・トルコのスレイマン大帝がロードスに攻め込み、敗れた聖ヨハネ騎士団は流浪の末にマルタに落ち着き、勝ったスレイマンはこのモスクを建てたというもの。


a0052496_032297.jpgクロックタワーの前面塀上に、謎の鉄仮面先生発見!
雰囲気出すために、騎士を立たせているのかな・・


a0052496_034089.jpgイコンとナザールのコラボ。一緒に売ってるお土産店、トルコでは見られないわぁ。


a0052496_03593.jpg綺麗なガラス製品のお店がいっぱいありました。インテリアに素敵・・・


お土産のオリーブ石鹸を買ったり、コーヒー飲んで休憩してたら、もう帰る時間だわ・・
あっという間だったけど、悔いなし。
来れてよかったー ロードス島。期待を裏切らない中世そのままの街並み。
[PR]
by kara_melek | 2007-09-20 23:59 | 海外旅行
<< オリュデニズでひと泳ぎ、後アン... 「くだものは 皮ごといただく ... >>