東尋坊ー白川郷

あいにくの雨で、雨量もあったのか、川はどこも濁流。
しかし、不思議・・東尋坊に着いてみると、荒いので有名な日本海は静か・・遊覧船は通常どおり運行されてました。

a0052496_23391128.jpgおおおーーーここが東尋坊か・・ 友人曰く、昔1度冬に来たら、すごい海風で吹き飛ばされそうな勢いだったそうだけど、雨がぱらぱら降っている以外は、海も凪いでおらず穏やかそのもの。なんだか拍子抜け。ざっばーーん、とかしてた方が雰囲気出るかも・・・と言う私に、無駄な刺激を求める女、との声が・・
やはり冬の日本海か・・このあたりでとれる越前かにってすごく美味しいらしいですね。ただし、とても高いらしい。機会があれば食べてみたいな。

a0052496_23395928.jpgごつごつ断崖絶壁。うん、絶景・・・海から見上げるのがいちばん迫力あるんでしょうが、とりあえず、今回は上からのみで。
ちょっと岩場に出てみたけど、雨のため足元滑りやすく、意図せず投身自殺となっては困るので、早々に引き上げましたです、はい。


a0052496_23424179.jpgお次は白川郷へ。世界文化遺産(出た!)に指定されてる、合掌造りの家の村です。
駐車場サイドから長ーい吊り橋を渡っていきます。


a0052496_2342582.jpgまずは、展望台から見下ろす・・・
♪坊やーよいこだ 寝んねしなぁ~♪
のまんが日本昔話の世界だわ、まさに。
空気も美味しく、まわりの緑も目にやさしい。


a0052496_23433089.jpgで、村に下りてくると、こちらは国指定重要文化財の和田家です。
親子3-4代がみんな一緒に住んでたんでしょうね。大抵は1階が住居、2階以上は以前は養蚕、今は農具置き場などに使われているようです。なんともいえない古い家のにおいが・・
この萱葺き屋根ですが、2-30年毎に葺き替え要で片面でなんと1300万円!もかかり、人手も相当必要なそうです。古いものを維持していくのって有形無形関わらず、大変なことですよね、費用といい、技術面といい。


a0052496_2344422.jpgお寺さんです。


a0052496_23441918.jpg和田家の前庭には睡蓮の池。きれい~


a0052496_23452244.jpg久々に見て感動したので接写でもう1枚。私が子供の頃には実家の小さな池にも咲いてたなぁ。


a0052496_23453988.jpgあじさいとガマと合掌造りのコラボ。


a0052496_23471815.jpg菖蒲の花も咲いてるんだ。


a0052496_2347359.jpg立葵と田んぼと山のコラボ。


どこを撮っても絵になる、和みのひととき。
こんなとき、やっぱり私も日本人だなぁと思います。
いいもんだな、こういう旅も。
[PR]
by kara_melek | 2006-07-17 23:59 | 国内旅行
<< ダ・ヴィンチ・コード 平湯ー高山ー郡上八幡 >>