私のインド料理byレヌ・アロラ先生

a0052496_1225265.jpgかれこれ10年以上前の話になりますが、インド旅行から帰って間もなく、高輪にある(今も健在みたいです!)レヌ・アロラ先生のインド料理教室に1クールで10回ほど通ったことがあるのを最近思い出しました、自分のことなのに。
カレーベースを作るのが時間がかかって大変なのですが、これをベースにカレーを作ると、本当に美味しい。玉ねぎとクミンをくったくたに炒めて、さらにトマト缶を入れて元の量の半分以下になるくらいまで何時間も煮詰めるのです。スローフードの原点とも言えそうな。今日は半日潰すぞ、このために!くらいの勢いがないとできないので、私も習ってすぐに何度か家で実践してみたけど、それ以来やってません(汗)
イタリアンのトマトソースのベースもガーリックとクミンの違いだけですものね。万能だな、玉ねぎとトマト。
アロラ先生はインドのお母さんはきっとこうなんだろうなぁと思われるとてもチャーミングな感じの先生、そしてさすがインドの方なので商売熱心、毎回のようにアロラ鍋とか、スパイスボックス(これは購入して愛用してます、今も)とかをお薦めされまして、少々閉口することもあったけど、お味の方は素晴らしい、さすがです。日本人風味に迎合してないのです。最終回(の前の回だったような、なぜか)にはサリーを着て修了証書をいただきます。楽しかったな。
ネットでサーチをかけると、いろいろレシピがありますが、やっぱり彼女の「私のインド料理」がいちばん本格的で美味しいように思います。
思い立って図書館で先週借りてきました。

おすすめが、グリーンチャツネというサモサ用のソース。せっかく作ってもそれだけでは食べれないのが哀しいけど、さっぱりしてよいの。

糸三つ葉     40g
セロリの葉    30-40g - コリアンダーでも美味しい!
ししとう      4本
しょうが      10g
クミン       小さじ 1
塩         小さじ 3/4
レッドペッパー  小さじ 3/4
砂糖        小さじ 2 1/2
水          30-40cc
レモンの汁    1個分

すべてに忠実でなくとも、三つ葉だけにしてあとの調味料半分にしてもよいと思われます。
ジューサーにかけるだけ。密閉して冷蔵保管で2週間可。
サモサでなくても、コロッケにつけてよし、唐揚げにつけてよし。
近々、ひよこ豆(ガルバンゾー)でコロッケ=イスラエルにあったファラフェルみたいなものを作って、つけて食してみようと思います。絶対にこの組み合わせはイケるという確信がある!来週末の課題ということで。

カレーベースも久々にトライしたいけど
しかし、夏は暑い・・・・うぅーーん、でも今晩は高原のようによい風が入ってきてちょっと涼しいけど!
[PR]
by kara_melek | 2006-07-30 23:59 | book
<< 黒ぶたやでランチ 美白イオン導入の帰りは・・アマ... >>