高校時代のミニ同窓会

今日は、前から楽しみにしていた旧1-5の仲良しグループ転じて1-5会→いちご会の少々発展ヴァージョンの会がありました。
何が発展かといいますと、いつものメンバーに加えて、担任だった先生(卒業以来の再会です、薄情な私をお許しを。。)と、1-5ではないけど、その先生が3年生のときの担任だった2人も駆けつけてくれたので、総勢11名、楽しい会となりました。

なんといっても、すでに高校卒業以来20年!(いやだよ、ほんとに年月の経つのは早すぎて)の月日が流れているのに、先生が髪型といい、お肌つるつるぶりといい、あまりにも変わっていないことに感銘を受けました。
20年といえば、2 decades、二昔、産まれた赤ちゃんが成人する等、いろいろ言い方はありますが、その年月は先生を決して変化させなかったようです。
同じクラスの男子が「そうね~(先生の口癖、ときに聞いてくれてるのか、くれていないのか不明→先生、ごめんなさい)」と言いながら、黒板を拭く真似をよくしていたが如く、相変わらず、ヴァリエーション豊かな「そうね~」「ね~」「んね~」だけで会話が成り立ってしまいそうな感じが、懐かしくもあり、先生のご健在振りが嬉しかったです。

旅行好きの話をしてて、
「よかった場所は?」なんて聞かれて、
「そうですね~中東とか、地中海沿岸好きです。」と言ったところで、
「中東の人だと思われるでしょ?」
「(え(汗)、そんなぁ、先生まで・・)え、ええ、まあ、よく言われますけど・・ちょっとぉ先生、20年ぶりに会ったのにぃ」
いつから私は中東の香りのする女になってしまったのだろう?!

集まったメンバーも今は皆それぞれの環境で忙しくがんばっていて、それぞれ楽しいことあり、大変なこともあったりしますが、数年に1回でも、こうやって、皆が集まれるって、すごいことだし、大事にしたいなぁと思いました。

a0052496_2323453.jpg会場の、田無にある泰朋。


a0052496_2324822.jpgお料理もこんな感じ、能登料理ということで、美味しかったです。
[PR]
by kara_melek | 2006-11-23 23:59 | event
<< ディープ・インパクト再び飛びま... お茶の時間 >>