同僚男性の結婚披露宴@SANT PAU

a0052496_23451790.jpgさすが!SANT PAU はミシュラン3ツ星だけあり、雰囲気、お料理共に素晴らしかったです。
まずはこんなお洒落なお花のお出迎え~ 葉っぱ(バリ島などでよくカエルが傘代わりにさしてますね、この手の)に字が書いてあるのがお洒落。本日の新郎新婦の名は伏せさせていただきました。ないしょってことで。


a0052496_0135116.jpgこちらがメニュー。
ここもオリジナルはスペインのカタルーニャ地方。エルブジ・スタイルなのでしょうか、少しずついろいろな味を楽しめるスタイル。そして一言では言い表せない複雑な味も特徴。ん?この味付け何だろう??みたいな。スパイスやら香味野菜やらの主張がなくハーモニー♪なのです。 ワインもとても美味しくて大満足。かなり飲みましたが悪酔いしない・・よいお酒ってほんっとになぜか酔いませんね・・・


まあ!ロマンティック~と思ったのは、ブーケとブートニアのセレモニーということで、一足先に入場する新郎にゲストが1輪ずつお花を手渡し、それをまとめて花束にしたところで、新婦入場、そこで新郎が花束を渡してプロポーズ、新婦がYESのお返事の代わりに1輪だけ抜いて新郎のポケットに挿すというもの。いろいろな演出があるものです。
披露宴自体も小ぢんまりと和やかな感じでよい会でした。新郎新婦も終始笑顔が絶えずリラックスした感じで・・しかし新郎と新郎母の瓜二つぶりにびっくり!特に若かりし頃のお母様なんて現同僚にカツラを被せたみたいでした。やはり親子なのですね。ある意味感動~


a0052496_23455775.jpgウエディングケーキ。ホワイトチョコのムースが絶品でした。
注目すべきは新婦を抱き上げてる新郎のお人形。遠目に見て、やーん、もしや今日の新郎新婦を模ったものでは・・と盛り上がったものの、そうではないとわかってホッとしたようなガッカリしたような・・


2次会までの時間をマンダリン・オリエンタルにお茶しに行く。ここも初めて行きましたがおっしゃれーな感じですね。同僚男性達がまたあることないこと言い合ってて、「そんなことないですからね、信じないでくださいよ、XXさん。」と言うので、「火の無い所に煙は立たぬって言うでしょー?」と言えば、「ドライアイスだってあるじゃないですかぁ!」うまい!!だから何だ?って話だけど、この手のはぐらかし具合、好きかも。ビールをオーダーすれば、いつもの如く「ビールはチェーサーでしょ?他は?」とか聞くし、どんな酒飲みだ、私は??
今日の課題、『シティハンター』、『ギャラリー・フェイク』と『赤ちゃんと僕』。漫画と映画にとても、いや、異常に詳しい方々で。私もかなり知ってる方と自負してましたが、足元にも及びません・・時間があるときに、久々に漫画も読んでみよっと。


a0052496_2349111.jpgさてさて2次会も同じSANT PAUでした。
薔薇の花びらが散らしてあったりして、あくまでもセンスよく。
で、注目すべきはイベリコ豚の生ハム。めちゃ美味しかったです、柔らかくて。今まで食べたイベリコ豚の中では断トツ。あー幸せ~ まだ食うかって感じですが、またいろいろ小皿料理をトレーに乗せて勧めてくださるわけですよ、ついつい手が・・デザートもすごーく美味しかったです。あーん食べ過ぎー でも幸せ~


a0052496_062086.jpgこちらが2次会のメニューです。四つ折りにした小さなメモ形式で配られます。
何から何までお洒落な素敵なレストランでした。
私自身も幸せのパワーをいただいたような、そんな感じの1日。
[PR]
by kara_melek | 2007-05-19 23:59 | gourmet
<< 5周年目にして、お初ディズニー・シー 43度!ドバイの1日―いざBu... >>