<   2006年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ChatterBoxのチキンライスとリッツカールトンのハイティー

ふと思えば、今年はこれでシンガポールも3回目、なぜか。
毎回ローカル・インディアとチャイナ・タウン散歩という課題を残しつつも、さすがに行きたいところも限られてきた感じ。今回はまた雨だったので、しかも結構激しく、お散歩はまたの機会に。
今後数年は今回同様乗り継ぎでもなければ来ないだろうなぁ。

a0052496_5473582.jpg今回のホテルは、オーチャードのど真ん中のメリタス・マンダリンにしてみました。
室内はアジアンで落ち着いた感じ。


a0052496_5483844.jpg目的は、以前から興味のあったこのホテル内のチキンライスで超有名なChatterBox。S$18.00(税サ別)なので¥1,800程!今まで食べた中ではいちばん高級なチキンライスといえます。遅めの朝食で行ったのですが、確かにかなりの比率でみなさんチキンライスを食べてる食べてる!さすがにお上品な感じのお味で美味しかったけど、コストパフォーマンス観点から考えると“1度で十分”に分類されました。


お部屋に戻ってNHK衛星放送で『純情きらり』(実は最近はまっていた。でも桜子ちゃん、やっぱり死んでしまって残念。結核から生還してほしかったのにぃ)の最終回など観つつ、雨がやんでくれないかなーと思ったものの、いつもの如く夕方までは上がりそうにないな、と。不思議と、遅い午前から降り始めた雨って、大抵16時前には上がるのですよ、今までの経験から言って(事実、本当にハイティを終えた頃には上がっていた)。


a0052496_5512070.jpg予定どおりリッツ・カールトンのハイティへ。
さすが、すべてウェッジウッドで統一されたオリエンタルな柄の食器がとても優雅な気分にさせてくれます。ティーポットの下に保温器を置いてくれるのでいつまでも適温の紅茶をいただけるのも嬉しい。
フィンガーサンドなども美味しかったですが、種類は若干少なめ、か。


a0052496_5514463.jpg特筆すべきは、奇しくもトルコ・フェアだったのか、トルコのお菓子がいっぱーい!あれま、ちょっと、びっくり。ここで、こんなに本格的なバクラワなどにお目にかかかれるとは思ってなかった・・美味しかったのですよ。しかも、バックに流れる音楽までトルコ音楽だったりして、一瞬イスタンブールのホテルにでもいるような錯覚に陥りました。やはり、トルコとは切っても切れない仲らしいです。


a0052496_55212100.jpg短い滞在だったシンガポールを後にして、バリへ。
チャンギ空港ったら、トランジットエリア内に蘭園のみならず、池に錦鯉まで泳がせる凝り様。初めて気づいちゃった、前からあっただろうか・・と思いつつパチリ。


a0052496_5565051.jpg2時間のフライトでバリのデンパサール空港に到着して、タクシーで1時間ほど、今回の宿泊先Junjungan Ubud Hotel & Spaに到着。
Hotel Clubというサイトで見つけて、ウブドの中心部からは4km近く離れている田園地帯に位置していて、1泊朝食付きでなんとUS$32.00(税サ・朝食込み)。
天井がものすごく高いビラ風の部屋。蚊帳付きベッド。開放感があります。
が、照明暗すぎて、読書できず・・・こんなところまで来て本は読まないのか・・・
[PR]
by kara_melek | 2006-09-30 23:57 | 海外旅行

ボロブドゥール遺跡を掘りに、いえ、観に行ってきまーす!

上司達に「本日15時以降10/4(水)までお休みします」メールを書きました。

上司「今回はどこに行くんですか!!」

別の上司「ここです↓ と、さらにボロブドゥールのリンクまで添付」

私 「(あああ、ばらしたな、と内心思いつつ)ご期待にこたえて(?)、インドネシアにボロブドゥール遺跡を観に行ってきます。」
  (なんでODAみたいな国ばかり行くんですか?と常々聞かれるため)

上司「遺跡を掘りに行くのかと思いました。」

そうそう、遺跡を掘りに・・・違う違う、おい、こらぁあーー!
上司の私へのイメージを垣間見た瞬間のような気がしました。
ま、発掘とか考古学とかいった分野は興味あるので、当たってるんですけどね。

そんなこんなで15時半近くまで仕事をやっつけ、出発!

今回はまたしてもシンガポールまではマイルによる特典旅行でビジネスクラスです。ノースワースト、いえ、ノースウエストのワールドパークスは30,000マイル(ちなみにエコノミーは20,000マイル、なので、ビジネスっしょ、やはり)で東南アジア往復のビジネスクラスが取れます。これは非常に利用価値が高いといえます。今までの経験から言うとラストミニッツになると空いてるビジネスクラスの席が開放されるのか取りやすいようです。
シェル型の新しいシートになってから、利用するのは今回初めてなので、楽しみ。

a0052496_1324268.jpg
まずはタイガービールを飲みながら、映画でも・・と思ったら、『ダ・ヴィンチ・コード』もあったので観ることに・・ラッキー(でも・・・途中で寝てしまった・・・ストーリーわかって観るのってだめだわ、やはり)


a0052496_1334132.jpgノースウエストのビジネスクラスの機内食レポート。
ロブスターサラダの前菜、サラダ、サーモンのソテーのロブスターソース添え。
シャンパンも。


a0052496_1335586.jpgデザートとフルーツ。


結構美味しかったです。
隣の方が召し上がっていたオードブルとフルーツを組み合わせたシャンパン・サパーというのもよさそうでした。次回はそちらを試してみよっと。

おなかいっぱいになったところで、シートを倒してみると、ほぼフル・フラット。エールフランスのと同じタイプで快適。
到着まで5時間近く、ぐっすり寝てしまいました
[PR]
by kara_melek | 2006-09-29 23:59 | 海外旅行

イスタンブールでディナー

トルコのイスタンブールではなくて、新宿にあるイスタンブールというトルコ料理レストランです。トルコ料理を食べたことがない同僚が「TVで見たのびる辛いアイスが食べてみたいから連れてって~」というわけでした。
このお店に来たのは本当に久しぶり。3年ぶり、いや、もっとかも、ではないでしょうか、きっと。
元同居人がいちばん美味しいと言っていたせいか一時は結構通っていて、私も彼の好みの味に慣れていたせいか、同じ界隈にある前回行ったボスフォラス・ハサンよりはこちらの方が味は好み。

a0052496_3534974.jpgまずは、やはりいつもどおりにEfesビール。
ん!美味しい!

基本の前菜(メゼ)5種盛り合わせ。
ひよこ豆や、にんじんとヨーグルト、ほうれん草とヨーグルト、辛いトマト味のペーストに、ピーマンのドルマ、赤インゲン豆の冷製。
しっかりとパンチの効いたお味で美味しい~ もうこれとパンさえあれば、いくらでもお酒が飲めるってくらいメゼが好き。トルコ料理を大好きになったきっかけは、この種類も多く美味しいメゼの魅力と言っても過言ではありません。


a0052496_354288.jpgそして、これも私の大好きなお料理、ブルサという古都の名物イスケンデル・ケバブ。
初めてトルコで食べたときには、トマトソースの上にヨーグルト?!と思ったものでしたが、1度食べたら虜です。
ブルサの有名店では更に溶かしバターを上からじゃじゃっとかけてくれて、これがまた絶品。カロリーの心配したら食べられないかもしれないけど、いえいえ、そんなこと言ってたらトルコ料理は何も食べられません。油を多用するからこそ美味しいのですから(油少なめだと美味しくない!本当に)


a0052496_354516.jpgデザートとチャイの時間・・・
おなじみ、バクラワと、のびる辛いアイス・ドンドルマ。
幸せ・・・


明日は半日してお仕事して、いよいよ遅い夏休み。嬉しい~
準備も多少あるので今晩は早めに解散しました。
実は元同居人がせっかく日本滞在中だし、少しでも多く話す時間を持つために延期も考えましたが、結局待機してもどれだけ話せるかわからないし、まずは自分の精神的デトックスがいちばん大事かな、と(単に旅に出たいだけかも!?)。
やっぱり思い立ったが吉日♪と言いますし。

そういえば、イスラム教の国では24日の夜明けよりラマザンが始まってますね。奴は昔からラマザン月にトルコを出国する傾向にあるように思われてならない。自称ダイエットなくせに、旅人は断食をしなくてもよい、ということで断食したくないから旅に出るのだろうか?信心深いのか信心深くないのか微妙だわ。なんでこの時期に限って・・と聞いたところで、偶然だよ、たまたま。なんて答えが返ってくるのはわかりきっているので聞いたことありませんけど、単に自分への大義名分?!
[PR]
by kara_melek | 2006-09-28 23:59 | gourmet

A ta gueuleでランチ

昨日の夕方、学生のときの友人よりの突然の嬉しいランチのお誘いで、以前より同僚から聞いて気になっていたA ta gueule(ア・タ・ゴールと読みます)に行ってきました。
しかし、今日は昼間すごい雨でしたね。
夕方から嘘のように晴れてましたけど。

店内は4人がけのテーブル3つのみといった感じのこぢんまりとした店内。
すごく食材にこだわりのある、かつ非常にオリジナリティが出ているお店でした!
私は会社の昼休みで時間に制限のある都合上、メインとパン・コーヒーのみのコース¥1,600(税・サ別)にしましたが、ぜひとも今度は夜来ていろいろ味わってみたいなぁ。

まずはアミューズと称して、自家製ピクルス。

a0052496_325458.jpg友人がオーダーした前菜たち。(前菜付きのコースは¥2,900(税・サ別))
えぞぼら貝のエスカルゴスタイル。
しっかりと濃い目に味付けされてて、とても美味しかった。


a0052496_3254673.jpgアルザス風ニョッキをポルチーニ茸のクリームソースで。


a0052496_326521.jpg私のメインは・・
イベリコ豚のコート ディジョン風 粒マスタードのソース。
なんとも盛り付けがダイナミックで男の料理っぽくてよいですね。
付け合せの野菜たちが、すべて鎌倉の農家からとかで(特別に作ってもらってるものもありかもしれません)ひとつひとつちゃあーんと味がして、ものがよいのがわかるのですよ。中には「四角豆」とか、初めて見るようなものもありまして・・
イベリコ豚も脂身たっぷり、されどもたれず、美味しかったです。


コーヒーで終わる頃には会社に戻るべき時間も少々過ぎていて・・

私は会社の昼休みだし、アルコールが入ると顔に出てしまうので飲めなかったけど、2人の友人が赤ワインを飲んでいるのを恨めしげに眺めつつ・・しかも時間制限ありで、楽しいおしゃべりも中座せざるをえず・・・うー不完全燃焼~
そうは言っても、短い時間でしたが楽しかった!
また。いつものメンバーで今度は週末ランチを企画しましょう!!
[PR]
by kara_melek | 2006-09-27 23:59 | lunch@ebisu

ZARAのベルト

a0052496_23501124.jpg
じゃじゃーーん。
ZARAで夏のセールのときにひと目惚れ買いしたガラス玉のベルトです。
今日は黒のカットに黒のクロップドパンツというスタイルでしたので、うーん、これじゃつまらん、と、ワン・ポイントにしてみました。うん、よしよし。
この手の遊び心のある感じ、好きなのですよ。

と、思ったものの、ちょっと失敗だったのは、小さい鈴がシャラシャラなってしまうこと。
そっか、鈴だったのね、この先に付いてるのは。ただの飾りかと思ったら。
意外と歩いても足音に紛れて大したことないと思ったのですが、オフィスが静かだとみんな何の音かと振り向く振り向く。
確かに普通は会社で鈴の音はしないですものね。
「私のお通りよ!」と言わんばかり。
「下駄の音すりゃ、鬼太郎、鈴の音すりゃ、XXさん」とか
「猫みたいですね」等々

実は、去年は小さな鈴付きのサンダルで出勤しまして、どこから鈴の音?って感じで・・・
それよりは、今回の方が慎ましい音ですよ、と言われましたけど、五十歩百歩。

会社の皆様、お騒がせしました。
以後、仕様に関しては十分調査の上、身に着けて行くことにいたします。
でも、鈴の音は微笑を誘うらしく、皆さん和んでたみたい・・・毎日でなければ、よい職場環境作りに一役かしら??
[PR]
by kara_melek | 2006-09-25 23:45 | shopping

秋なので、ミニバラ買いました。

a0052496_044729.jpg赤い花が欲しいなぁと、なんとなくずっと思ってて、赤いハイビスカスを買いそびれたので、ミニバラにしました。
やっぱり、可愛い!!


タイトルには全然関係ありませんが、今日は先週3連休のやり残しで、家中の大掃除に取り掛かりました。
じゃんじゃか捨てたら、結構部屋がすっきりして広くなり感動(と、言っても、もともと物が多いので、本当にすっきりとした部屋には及ぶべくもないが・・)
いつまで保つことができるだろう・・・
原理は簡単、洗濯物も取り込んだらすぐしまう、使った物は元に戻す、DMなども溜めずに即開封して整理する、玄関も1足出したら1足しまうって反復で散らからずに済むのですが、これがなかなか。
[PR]
by kara_melek | 2006-09-24 23:59 | gardening

アンコールワットの天女アプサラ

a0052496_0114027.jpg
昨日アンコールワットのことを思い出したら、このなんとも言えないくねくねと空中で舞い踊る感じがすごく気に入ってしまって、シェムリアップの市場で買ってきた、天女アプサラの彫像(高さ30cm程の小さなもの)の存在も思い出しました。なかなか上手に彫れているのですよ。遺跡の至る所にレリーフがあって、いやがおうでも印象に残るアプサラ。天使のカンボジア・バージョンとも言えるかも。
まだ写真に撮った事がなかったので、この機会にブログにも収まっていただくことに・・

で、アプサラとは・・・
ヒンドゥー教のヴィシュヌ神が、マンダラ山に絡んだ大蛇ヴァースキを綱代わりに、88体の神々と92体の阿修羅が綱を引き合い、大海を攪拌。1000年の後、大海は乳海と化し、遂に不死の甘露アムリタを手に入れるという物語の中で、その乳海を攪拌する際、アムリタと共に様々なものが生み出されまして、ヴィシュヌ神の妃となるラクシュミー、雷神インドラの乗り物となる3頭の象アイラーヴァタ、そして乳海の泡から生まれたのが天女アプサラ。

そして、ヨガを極めたら、アプサラ・スタイルが私にもできるだろうか、などと愚にもつかぬことをふと考えたのでした。

今度訪れるボロブドゥールは仏教遺跡。
事前のお勉強は欠かせないわ、と、えんじぇる@旅行の予習復習中。

そうそ、こういったものをご披露していくと、いかに家(私か?)があやしいか、ばれてきてしまいますね・・
これを機に、少しずつ、家にある私の宝物たち(言い様によってはガラクタとも言えますが)をエピソードと共にUpしよっと!
[PR]
by kara_melek | 2006-09-21 23:57 | my collection

「今日の猫垣さん」と、アイパー滝沢

今晩、久々にブログUpしながらテレビを観ていたら・・・
私の笑いのツボに入ってしまったお二方が・・・
テレビもたまには観るもんだ。

a0052496_143410.jpgSMAPxSMAPのパクリドラマ系って前から結構好きだったのだけど、ゴローちゃんの可愛らしすぎる「今日の猫垣さん」。猫村さん同様家に来て~って感じ。
いつかのホストもなかなかよかったけど、今回はエプロン姿の着ぐるみがよいわ~
(写真は週間ザ・テレビジョンより)


もうお一方は、たまたまテレビつけっぱなしで観た深夜のお笑い系番組の、極道ネタのアイパー滝沢の替え歌。
「一本でも日本刀♪ 2キロでも密輸♪ ・・・ 四人でも極道♪ 五部屋でも牢獄♪ 六歳から七半♪ 七千円のパーマ・・・九丁でもトカレフ♪」(私もよく覚えたよなぁ) 
うまい!うますぎる!!
画像捜したけど、うまく見当たらず。でも想像に難くないチンピラ風です。皆さん、とっくにご存知かな、きっと。

と、Upついでに徒然書きでした。
[PR]
by kara_melek | 2006-09-19 00:57 | favorite

織作峰子さんに遭遇しました!

うーーがるるぅ(怒)、表題とは関係ないけど、実はさっき書き上げたブログをUpしようと思ったそのときにエラーが・・・ああー神様。たまにあるけど、セーブできてないと大ショック・・

ささ、気分を変えまして、今日は朝から雨で、午後になってもどうもいまひとつだったので、たりぃなぁと思いつつ、がんばって久々に西新橋のケフィの美白イオンエステへ。
こんなときに限って、「予約表にお名前がありません・・(まさに幽霊でも見るような顔で)」 「・・・はぁ?」 ありえないようなことが・・そうは言っても、偶然にも空いていた時間らしく結果的にはお手入れしていただき、めでたしめでたし。なんだー、今日ドタキャンしても予約表に名前がないならキャンセル料の心配なかったじゃないのーと、よかったんだか、悪かったんだか。
ケフィ、しっかりね。
その後、いつもなら銀座方面へ向かうことが多いのですが、なんとなく汐留方面へ。

a0052496_0333216.jpgカレッタ汐留に入っていくと、なにかイベント終了後らしく、ぞろぞろと人が出てきて、その正面にはみなの挨拶に応えている白いスーツ姿の女性が・・
女優さんかなぁと思いきや・・
「!」 織作峰子さんだー
織作さんの写真展示期間中で、パティシエとのトーク・ショーが開催されていた様子。
織作峰子さんに思い入れがなんとなくあるのは、10年程前に初めて手にしたミノルタのオート一眼レフカメラ303Si(今でも愛機ですよー 残念ながらこのブログでは活躍してませんけど)のイメージモデルだったこと、トルコの美しい写真(確かトルコ政府観光局のパンフレットの写真にも使われたことがあるはず)を見たことがあったこと、などなど。
元々はミス・ユニバースの日本代表で撮られるほうの方が撮るほうの立場になったということですが、女性らしいやわらかいタッチの写真がきれいな憧れの女流写真家です。


a0052496_0343449.jpgもうとっくに40歳を越えてらっしゃるのに、このチャーミングさ。驚異的だわ。黒田知永子なんて目じゃないかもしれない・・・
今日は、もしかしたら織作さんが私を汐留に導いたのかもしれないという偶然にプチ幸せ。
実物にお目にかかれて、本当に光栄でした☆


a0052496_0345839.jpgおまけに、織作さんの写真4点と、池坊の生花のコラボ。


最近なんだか写真づいてるなぁ。
本当なら今頃旅行に出てるはずだったのに、最後まで航空券が取れずにリスケ。ま、旅先が逃げていなくなってしまうわけじゃなし、後日の楽しみに。
あーフォトジェニックな場所に行きたーい、おまけにのんびしたーい(家でも十分のんびりしてますが、だらだらって表現が当たるのよね)


a0052496_0352460.jpg新宿同様近未来的高層ビル群汐留の夕焼け気味の空。
絵心も生まれるってものです。


a0052496_0354222.jpgそして再び百豚のバラかつ。
今度は写真付き。バラかつもさることながら、菜かつが◎。
美味しいー
[PR]
by kara_melek | 2006-09-18 23:59 | favorite

汐留ー赤坂見附ー四谷ー新宿

バラかつを消化すべく・・・
先週よりさらに長いルート、汐留ー新宿に挑戦!!

a0052496_0484931.jpgはい、旧新橋駅舎(やはり、新橋には柳)をスタート地点。


外堀通りを一路、虎ノ門、溜池山王方面へ。


a0052496_0494011.jpg途中の赤坂離宮脇より、赤坂見附の夜景。
「母さん、僕のあの帽子、どこへ行ったのでせうね?」(人間の証明より)をどうしても思い出してしまうホテル・ニューオータニの旧館(写真中央左手)。


四谷から新宿通りを一路新宿東口へ。


a0052496_0495471.jpgおー伊勢丹が見えてきた、新宿も近い。


完歩しましたけど、少々疲れた~
ほぼ7km。
もうタクシーいらずじゃない→私、いえいえ、当分こんなに歩きたくない~ってのが本音です。
と、言いつつ、今度は実家まで17km歩いて帰っちゃったりして・・一体何のために?? 冗談です。そこまではできません。
そう考えると、フル・マラソンの42.195km、凄すぎる!!

でも、私なりにちょっぴり達成感の今日でした・・
[PR]
by kara_melek | 2006-09-18 23:59 | 東京散歩