<   2008年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

甘エビ三昧

今週水曜日にデパ地下の閉店間際の時間帯に、生の北海道産甘エビが半額になっていたので買いました。冷凍はよく見かけるけど、生は珍しい。今、旬かな。しかも子持ちでした。
そして・・・なんと30尾強入っていて240円!奥さん!!(て、あんた誰?)
甘エビ好きにはたまりませんわー

買ったはいいものの、これをひとりで消化するって大変~
だけど思った以上に楽しめました。

①まずは、お刺身に。

②剥いた殻でお出しを取って味噌汁に。

③アボガドとわさびマヨネーズのサラダに。

④もう生ではとても無理だし賞味期限も1日過ぎた(お店でこれをやると大変だけど、1日位は余裕~今回みたいな生ものはギリギリ~と思う私はダメかな・・)ので、今日思い切って初めてトマトクリーム・パスタにしてみたら・・
a0052496_1745185.jpg

  激うまっ!!しかも簡単!!!
  もともとスキャンピなどの甲殻類のパスタも大好きなので、これはもしやイケるかも??と思って、自己流で適当に作ってみました。


  オリーブオイルで玉ねぎを炒める
  ↓
  玉ねぎがしんなりしたら、甘エビ丸ごと投入して、白ワインも少々、それからトマトを入れてアルコールと水気がある程度とぶまで中火で。
  ↓
  ある程度水分がとんだら生クリームを少量混ぜて、塩、こしょうで味付けして、ペンネで絡める。

  以上、できあがり。

  ちょっと殻ごとはいただけないので、剥きながら食べたら、その食べる姿はかなりワイルドな図になってしまいましたが、ほんのり甘みのある出しが利いたトマトクリームパスタは、最近では大ヒット。
  
  もうこれで、甘エビ1パック買っても食べきれる知恵が身についたわ。←ちょっと自信。
  いや、ほんとに、買うだけ買って使い切れずに無駄にしがちなので、常々、食材を作り育てたみなさま及び使ったお金に対しても申し訳なく思い、反省してる次第だったので、工夫すればできるじゃーん、てことで、最近お家ごはん、がんばってます。
  自分の作る味に飽きてくると外食三昧して、外食に飽きてくるとまた戻るということを繰り返しているわけですが・・
[PR]
by kara_melek | 2008-06-28 16:49 | gourmet

EURO2008 トルコ敗退

※お恥ずかしいですが、当然3位決定戦あるかと思ってたら、無かったみたいですね(汗)
 試合日程、土曜なんて書いて、私の中の幻です・・・ 思い込みって恐い・・慌てて修正しました。
 勘違いを教えてくれた方ありがとうございました。大変失礼いたしました・・
最近では、普段からそんなにサッカーを見てるわけではないので、勉強不足でした・・・


a0052496_79682.gif
Hürriyet紙より

ドイツに3-2で敗れました。
今回も劇的。86分でセミが2ー2の同点に追いつき、準々決勝同様PK戦へ?!と思いきや、ドイツが90分で逆転。残念だけど、ドイツはやはり強かった。

写真中の文字は・・・
今回は、最後の瞬間に戦いに負けた。
86年には2-2で引き分け、90年には負け・・

でも、レッドカード・イエローカード持ち、けが人続出で、まともな選手が残らないなか、よくがんばったと思います。トルコ人の友達は、あんなに試合に出られない人がいっぱいいるのに、試合できるのか?!と、トルコ人なりにちょっと心配してたし・・・
昨日のニュースでこんなん↓あったし・・・

トルコに暗雲…主力9人が不在/欧州選手権
6月25日8時2分配信 サンケイスポーツ
 “ミラクルトルコ”に暗雲が立ち込めた。今大会2得点のエースFWニハト・カフベジ(28)が準々決勝のクロアチア戦(20日)で太腿を痛め、離脱が決定。これで25日の準決勝、ドイツ戦は出場停止と故障であわせて9選手を欠く、“満身創痍(そうい)”の戦いとなる。

 奇跡の代償は大きかった。初のベスト4進出を決めたトルコに、暗雲が立ち込めた。

 今大会の快進撃の立役者、2得点のFWニハトが、準々決勝のクロアチア戦で太腿を痛めて帰国が決定。残り試合は出場できなくなった。

 トルコは3度のミラクルを起こしてきた。1次リーグ、スイス戦では後半ロスタイムに勝ち越し。続くチェコ戦では1-2の劣勢から後半42、44分とニハトの連続ゴールで劇的な逆転勝利。そして、準々決勝のクロアチア戦では、0-0で迎えた延長後半14分に先制を許すも1分後に同点に追いつき、PK戦を制して勝ち上がってきた。

 しかしこれで準決勝のドイツ戦は、出場停止のGKボルカン、DFエムレ・アシュク、MFアルダら8人に加えて、故障のニハト抜きで臨むことになった。

 “非常事態”に、テリム監督は「控えGKをDFかFWで使うかもしれない。選手の希望するポジションを聞く余裕はない」と厳しい表情。高らかに響き渡っていた“トルコ行進曲”の音程が、大きく狂い始めた。


多分、トルコのチーム自身も、準決勝まで勝ち進めるとは思っていなかったとしか思えないくらいの選手の欠落っぷり。それほど死闘していたということか?!血が熱いのは結構だけど、ま、トルコ人に計画性とか、判断力(ここでぐっと飲み込まねば次の試合が・・とか、思えないよねぇぇ)を求めるのはなかなか無理な話か。そもそもサッカーは熱いスポーツだし。
そのときそのときを生きてる人たちだからなぁ・・・ってことをまたしても痛感させてくれました。

されど、安定したサッカーをチーム目標に掲げていたそうですが、粘り強さは安定していたと思う!天晴れなくらいに。
奇跡ではなく、実力だったと思います、強豪ドイツと競り合ったのだから。これがもしベストメンバーだったら?っていう期待を残す感じ。

サッカーと女と、楽して金儲け(政財界人以外はなかなか、ね)への情熱ときたら!!←あ、これはトルコ人男性全般。

2002日韓ワールドカップのときのトルコ守護神、リュシュトゥもまだまだ現役でがんばりました。
この人渋くて好きなんですよねぇ。健在なことがちょっと嬉しかった。
[PR]
by kara_melek | 2008-06-26 06:42 | Turkey!!

山本容子のワンダーランドへようこそ

a0052496_0554970.jpg東京最後の?!と言われる副都心線という新しい地下鉄が先週開通した。
明治通りに沿って池袋から渋谷まで。
東武線や西武線からも乗リ入れありのためか、まだまだ運転手さんが不慣れようで、混乱続きみたいですね。
先週、私達が乗ったときも、駅で停車位置の調整にちんたらしてました。今やメトロの駅のほとんどは、飛び込み防止のためか、新幹線みたいに柵を作ってるので、その辺も運転手を惑わせているのでしょう。
がんばれー!運転手!!


a0052496_056162.jpgこの副都心線の設備投資は、渋谷駅(右写真は先週早速乗ったときに撮った『地宙船』をイメージして安藤忠雄さんが設計したドーム)では東急、新宿3丁目駅では伊勢丹が億単位の資金を出したようです。確かに西武池袋線や東武東上線からは乗り換えなしでアクセスが抜群によくなるので、集客も期待できるといったことろか・・


a0052496_056356.jpg新宿3丁目の駅付近にパブリックアートプロジェクトの一環として、山本容子さんのステンドグラスとモザイクの絵が目を楽しませてくれますので、もし行く機会があれば是非見てみて下さい!


a0052496_0573360.jpg更にその一環で山本容子のワンダーランドへようこそが伊勢丹本館7階の催事場で開催されていました。山本容子さんをいつ何のきっかけで知ったかは忘れてしまいましたが、10年以上前から好きなアーティストのひとりです。線の柔らかい感じとか、遊び心、とか。すでに50代なのに、お美しくていらっしゃるご本人自身も魅力のひとつ。


a0052496_0575665.jpg今回もうさぎちゃん達の可愛らしいこと。


a0052496_058141.jpg人々に幸せを与えてくれる、そんな感じ。ほのぼのぉ~
[PR]
by kara_melek | 2008-06-22 23:59 | event

ゴードン・ラムゼイのサンデー・ランチ

a0052496_173612.jpg汐留のコンラッド東京にあるゴードン・ラムゼイにランチに行ってきました☆
このサンデー・ランチだけは、ルイ・ロデレールのシャンパンと、赤・白ワインが飲み放題という素晴らしいプラン。
8,800円で贅沢ランチですが、シャンパン・ワイン飲み放題、ということで、しっかり飲む私達にはリーズナブルと言えましょう・・
一緒に行った友達の同僚曰く、「ランチによくそんなに金かけられるなぁ、セレブ・ランチ!」
そっかぁ、前々から思ってたけど、やはりエンゲル係数かなり高い!よねぇ・・・ま、でも、月に1度くらいなら許容範囲?!


a0052496_174636.jpgアーティーチョーク アスパラガス トマトと玉葱のタルト
アーティーチョークってあまり好きな方ではないのだけど、何にも感じずに美味しくいただけました。
ゴードン・ラムゼイのマジックだわ。トマトといい野菜たちが美味しかったこと。素材厳選のなせる業。
シャンパンはどんどん注いでくれるので飲みすぎに注意しましょう!!
ルイ・ロデレールのキリッとドライなシャンパンはぐいぐいイケちゃいますが・・・


a0052496_18391.jpg仔羊肉のロースト ハーブ風味のクスクス 茄子のピューレ
茄子とトマトのピューレはクミンが利いてて、ミント風味のクスクスと一緒にモロッコの風を感じるようなお味。
すっごーく、私好みの味で美味しかった。


a0052496_182936.jpgデザート
オレンジとチョコのムースを選んでみました。
もしかしてワゴンからお好きなだけ??と淡い期待をいだくも、ひとつずつしっかりした大きさなので、これは1種類ずつか、がっくし。←あたりまえでしょ!
とても美味しかったから、よしとします。

そしてコーヒーで終わり。ご馳走様でした。


3時間近くかけて、たっぷり飲んで、のんびり楽しませていただきました。
見てよし、食べてよし!

28階にあるので、景色は、というと、前評判どおり汐留しか見えません。レインボー・ブリッジとか見えるのはロビーラウンジの方なので。

しかし、ここ数年でオープンしたホテルはみんななぜか雰囲気がモダンでパークハイアットに似ている・・このゴードン・ラムゼイもNYグリルに感じが似ているし。パークハイアットはモデル・プランなのでしょう、きっと。素敵なんだけど。なんか食傷気味というか、没個性な感じがしちゃうのよね。
[PR]
by kara_melek | 2008-06-22 23:58 | gourmet

自由が丘のモンサンクレールのケーキ

今日はJiva Japanでアーユルヴェーダ研修生によるマッサージが格安の5,000円で受けられるということで、田園調布までやってきました。
田園調布って、成城と並んで、やっぱすごいわぁ。
駅からしておっしゃれーな感じだし、豪邸のオンパレード。とっても目の保養になりました。素敵♪
住んでみたいけど、敷居が高そう・・・

マッサージは、今まで受けたアーユルヴェーダのマッサージに比べるとソフトな感じでしたけど、リンパに沿って流される感じがよかった。文字通り頭からつま先まで。月に1回は必要だわぁ、こういうの。すっかり身体が軽くなりました!
と、言いつつ、またまたダイエットと相反すること↓をしてしまう私っていったい???
だってー、ついでだったのですもの♪

と、前置きはこの辺にして、帰りに念願の自由が丘のモンサンクレールに行ってきました。
かの有名なパティシエ、辻口博啓のお店です。

a0052496_1013763.jpg

18時頃に行ったので大分種類は少なくなってましたが、ガレット・フランボワーズにエラブル、セゾン・ド・ガトー(マンゴーとバナナ)を買いました。
さすがに、すごーーーく美味しかった☆ 丁寧に作られていて、繊細で・・・
また是非来たい!!次はモンブランも食べてみたいな。

3個1度に食べたかって??
食・べ・ま・し・た☆ ご馳走様でした☆ 幸せ・・・
[PR]
by kara_melek | 2008-06-21 23:59 | sweets

ペチュニア咲き誇り、ミニバラも咲きました。

a0052496_7233525.jpg1ヶ月ほど前に買ったぺチュニアが毎日毎日よく咲いてます。
ちょうど、梅雨の中休みで1週間ほどよい天気が続いていたせいでしょうか・・・梅雨空が戻ってきても、これこのとおり、咲き誇っております。
ガーデニングに欠かせないのもよくわかる。ほんっとによく咲くもの!!当分楽しませてくれそう・・


a0052496_7293046.jpgミニバラも咲いてます。
もうちょっと淡いピンクだった気がしたのだけれど、写真は赤に見えますが濃ピンク。
何度買っても枯らしてしまうミニバラちゃん。
今回こそ、がんばろうと思います!!
[PR]
by kara_melek | 2008-06-21 23:58 | gardening

トルコ、EURO2008でベスト4進出!!

a0052496_6495550.jpg
今回のトルコは強い!
トルコ人以外は、トルコが勝つとは想像できなかったことでしょう・・
トルコ人の友達曰く、「2年前のワールドカップ予選のときと(ちなみに敗退して出場できず・・)、そんなにメンバー激変してるわけじゃないけど、なぜか強い。」らしい。
奇跡とか快挙とか言われる所以はそこにあり?!
私も、もちろん勝つことを願って応援してました☆
驚かされるのは、彼らの決してあきらめない不屈の精神。延長戦に入ってから、しかも後半終了間際に1点リードされて、それで終わりに思えたけど、その後のロスタイムに同点に追いつき、PK戦へ持ち込み勝利!!これはすごいドンデン返し!!このメンタリティの強さを見習ってほしい、日本の選手にも。ただ、常に追う立場だから余計に燃えるのかもしれないけど、それでもすごい!!
いやあ、やってくれます、トルコ。

延長ロスタイム、奇跡の同点弾…トルコ劇勝、初の4強
6月21日17時0分配信 夕刊フジ
 奇跡のトルコ行進曲が鳴りやまない。サッカーの欧州選手権(ユーロ)は20日、準々決勝第2戦のクロアチア対トルコ戦が行われた。両チーム得点がないまま今大会初の延長戦に突入し、終了1分前にクロアチアが先制、ロスタイムにトルコが同点ゴールという劇的な120分の戦いに。今大会で神がかり的な勝負強さを発揮しているトルコがPK戦を制して、初のベスト4入りを果たした。トルコは準決勝でドイツと対戦する。

 守備をがっちり固めてミドルシュートに活路を見出そうとするトルコに対し、再三にわたるサイド攻撃でゴールに迫りながら決定力を欠いたクロアチア。互いに譲らず、0-0で前後半90分を終えると、業を煮やした両国のサポーターがスタンドで発煙筒を焚き始めた。白煙とともに、何かが起こりそうな予感がスタジアムを包む中、前後半15分の延長戦が始まった。

 均衡が破れたのは、試合終了間近の延長後半14分だった。クロアチアはゴール右の混戦からのこぼれ球に、司令塔MFモドリッチが、飛び出したトルコGKリュシュトゥより1歩早く追いつき、中央に折り返し。途中出場のFWクラスニッチが頭で合わせて、ついにトルコゴールを揺らした。

 残り時間は1分。クロアチアの選手、ベンチ、サポータースタンドは勝利を確信し、それまでのストレスを発散させるかのように、歓喜に湧き上がった。

 だが、119分もかけてエンディングを迎えたかに思えた劇的な一戦は、まだ終わっていなかった。

 トルコは、勝負を急いだクロアチアDFの不用意なクリアでオフサイドを取り、自陣でのFKをGKリュシュトゥがゴール前に蹴り込んだ。両軍捨て身の飛び込みで混戦となる中、FWセミフが左足を振り抜くと、これがクロアチアゴールに突き刺さるまさかの同点弾。勝負は異様などよめきの中、今大会初のPK戦へ持ち越されたのだ。

 クロアチアの1人目、3人目が枠を外し、トルコは3人連続成功。クロアチアの4人目ぺトリッチを殊勲のリュシュトゥがセーブして、トルコがまたもや奇跡の逆転勝ちを果たした。

 グループリーグのスイス戦では後半ロスタイムのゴールで2-1の逆転勝ち。8強入りをかけたチェコ戦でも残り15分から2点差をひっくり返して3-2の逆転勝ち。

 主将のニハトは「ピッチにいる限り最後の最後まで戦うのがトルコ代表だ」と語っていたが、まさかまさかの3回目だ。

 一時は、勝利を確信したクロアチアのビリッチ監督は「同点ゴールを決められたのが信じられない。人生は続くが、忘れられないつらい思い出の試合になるだろう」とがっくり。

 トルコのテリム監督は「国民は我々を誇りに思ってくれているはずだ」と胸を張った。1戦ごとに行進曲は勢いを増し、破竹の快進撃が続いている。


a0052496_7114710.jpg
前回Aグループの決勝T進出がかかったチェコ戦も2-0でリードされていながら、後半で3点。
写真は大活躍のニハトでっす! やってくれました、この人が。

残り3分ニハト2発!トルコ大逆転8強…欧州選手権第9日
6月17日8時0分配信 スポーツ報知
◆欧州選手権第9日 トルコ3-2チェコ(15日、ジュネーブ) A組最終戦2試合を行い、トルコが残り3分でFWニハト・カフベチ主将(28)=スペイン・ビジャレアル=が連続ゴールを決め、3-2でチェコに奇跡の逆転勝利。2000年以来2大会ぶり2度目の8強進出を決めた。敗退が決まっていた地元スイスは、すでに準々決勝進出を決めていたポルトガルを2-0で下し、共催のオーストリアと合わせて今大会開催国勢初勝利を挙げた。

 3分で運命を変えた。1点を追う後半42分、チェコ陣内右サイドからトルコDFアルティントップが中央へクロス。降りしきる雨。ぬれた球とピッチ。両軍に平等なはずの条件がこの瞬間、土壇場のトルコに味方した。チェルシー(イングランド)の欧州CL準優勝を支えた世界屈指のGKチェフが、キャッチミス。こぼれ球をFWニハト主将の右足は逃さなかった。

 そしてロスタイム直前の44分、このまま2-2で引き分ければ、大会初の1次リーグ突破決定のためのPK戦突入かという瞬間。中央から縦パスを受けたニハトが右足でボールに大きなカーブを描かせた。チェフの上を越えたボールはゴールバー右隅に当たって逆転ゴール。「ボールがネットに入ったのを見たとき、このゴールで勝って準々決勝なんだと気づいた。信じられない」右の拳、腕の黄色いキャプテンマークにキスした。

 後半ロスタイムに逆転勝ちしたスイス戦(11日)に続く土壇場の逆転劇。「同点にした時、ほかの人間ならPK戦を受け入れたかもしれないが、私は3点目を狙うよう選手に伝えた。最後まであきらめず試合終了まで走り続けた選手に満足している」とテリム監督(54)。ニハトも「ピッチの上にいる限り、最後の最後まで戦うのがトルコ代表なんだ」と胸を張った。

 06年11月、ビジャレアルの練習中に右ひざじん帯断裂で全治6か月の重傷を負った。ソシエダ時代の02年に5か月離脱した同じ個所の大けがを乗り越えたことが精神力を支えているという。昨年11月21日、今大会予選最終戦のボスニア・ヘルツェゴビナ戦(1-0勝利)でも決勝点を挙げ、2大会ぶりの出場を決めた英雄。今度は初の準決勝進出を目指す。


次のトルコの試合は準決勝、25日(水)の深夜3:45、バーゼルでキック・オフ。
相手が強豪ドイツなだけにどうかとも思いますが、今回のトルコは勝ってしまうかも?!
楽しみ☆
[PR]
by kara_melek | 2008-06-21 23:57 | Turkey!!

芸術都市パリの100年展

a0052496_174116.gif
今日は運転免許の更新(ここ数年ほとんど運転してないペーパーのせいか、久々のゴールドだぁ、やったぁ!!しかも法改正で8tまで限定付き中型免許になっていた。8tまで運転できちゃったなんて知らないし・・)に行った帰りに、上野の東京都美術館に行ってきました。
『芸術都市パリの100年展』
エールフランスも協力してるせいか、招待券を2枚いただいたのです。

オペラ座が建設され、パリ万博に向けて建てられたエッフェル塔、モンマルトルにサクレクール寺院が建てられる頃までの変遷。
1830年から1930年までのパリの100年間にスポットをあてたもの。
印象派の絵あり、その時代にまつわる風刺画あり。
モネの絵はいつ見ても綺麗。それからユトリロの白。そしてアンリ・ルソーの絵もいつもの如く不思議な遠近感と動きの無い感じが、喩えていうとキティちゃんっぽくて好き。
なかなか楽しめました。

あーなんだか、この前の旅行でちらっと寄ってきたばかりだけど、パリにまた行きたくなってしまった・・
最近はトランジットで数時間~1日の短い時間でしか滞在していないので、久々にじっくり滞在してパリを楽しむのもいいかも。
はっ!ふと思い出したけど、前回の旅行がいつもの如く未完でした・・近々やろっと。
[PR]
by kara_melek | 2008-06-15 23:58 | event

Some Like it Hot - お熱いのがお好き

a0052496_2339072.jpg
あまりにも有名なマリリン・モンローの映画、『お熱いのがお好き』。
最近の傾向として、なんとなーくHappyな映画を観たいなぁと思うときは古いコメディ映画を選んでしまう。なぜかというと、ハズレが絶対に無いから。古い映画で今もDVDやビデオがあるということ=名画であるというのも勿論一理あるけれど。

舞台は禁酒法時代のシカゴからフロリダへ。
禁酒法時代を描いた映画ってたくさんあって、どれも大抵踏み込むシーンが似ているので、あれ? 観たことあったっけ??と思いましたが、いやいや、まだでした。
余談ですが、もし禁酒法時代に私が生きていたら、間違いなく隠れて飲むお酒の味に酔いしれていたことでしょう!!
ストーリーは、マフィアから逃げるために女装して女性だけのバンドに入った男2人と、ウクレレ歌姫のマリリン・モンローのドタバタ恋愛模様。
ちょっと頭が弱そうだけどひたすら可愛い女性を演じさせたら、天下一品のマリリン・モンロー。
本当にセクシーでキュート。

実は私が何よりも笑ったのは、ラストもラスト、女装した男ジェリー転じてダフネに求婚した、ちょっと頭のネジがゆるんだ感じの大富豪オズグッド氏のひとこと。それまでにも、ツラツラと自分の欠点をあげる女装男に対して、「大丈夫」「それも許す」とすべて受け入れ、とどめの一言、「あたし、男なのよ。」に対して・・
「Nobody's perfect.=完璧な人はいない。」
ふるってるではないですか!
普通なら、女だと思って求婚したのに男だったら、驚くとか、だまされたとか言いそうなものなのに(ま、それじゃ普通すぎて映画にならないけど。)、バイなら別だけど、それまでエロボケじじぃくらいにしか思えなかったこの登場人物に最後にしてやられた感じ。
私も見習おうと思いました。そうそう、自分も含めて完璧な人なんていないんだから、と、思えたら、人生さらに楽しく生きていけそう・・・ 
ちょっと脳天気な気持ちにさせてもらった映画でした☆
[PR]
by kara_melek | 2008-06-14 23:59 | movie

アマポーラでランチ

a0052496_23273620.jpg今日は梅雨の合間の晴れ!!で夏みたいな日。オフィスにいるのがもったいないみたい。せめてランチの時間だけでも放浪したくなる・・・ランチで頭に浮かんだのは、お米でシーフード系。
「!」 太陽の国スペインのパエリアが食べたい!!


a0052496_23291350.jpgお初でアマポーラまで足を運んでしまった。ここまでくると1時間で戻ってくるのはちょっときびしく、どうがんばっても10分超過コースになってしまう・・許して・・いつものことだけど。
恵比寿のよいところは、新宿・渋谷ほど大きな街ではないけれど、食べたいものを考えた場合、少し歩くことを厭わなければ、ひととおりあって、しかもクオリティなかなかなこと。強いて言えば、トルコ料理ないな。誰かオープンしてくれないかな、恵比寿に。ま、恵比寿は場所柄出店するのには資金がかかるそうだから、高リスク、か。


本日はもちろんパエリア・ランチ。1,390円で、ちょっと贅沢ランチ。

a0052496_23292556.jpgまずはサラダ、スープ、パン。


a0052496_23294059.jpgそれからパエリア~ 今日の気分にストライク!!


a0052496_23295939.jpgデザートはヴァニラのムース。そしてローズヒップ・ティ


完食してしまった・・ご馳走様でした!!
[PR]
by kara_melek | 2008-06-13 23:59 | lunch@ebisu